マンチカンの購入価格

さて、気になるマンチカンの値段ですが、やはり個体によって差があります。マンチカンは、猫種として認める団体と、認めていない団体があるように、種としてみれば意外と不安定な猫なのです。つまり、固体差が大きく、その差によって値段もまちまちになってくるのです。

人気で値段の高いマンチカンの特徴としては、まず子猫であることです。そして何よりも、足が短いことがマンチカンの最大の価値であり、値段を左右するのです。マンチカンは味が短いほどその値段は高くなります。具体的には15万円から35万円となり、親がキャットショーのチャンピオンなど、血筋のよいマンチカンになると35万円から40万円とさらに高値になることもあります。

逆に成猫であったり、足が長いマンチカンの場合は、値段が下がる傾向にあります。こういったマンチカンは5万円から10万円で売られていて、足が短い子猫と比べると、20万円以上も安値になってしまいます。

ペットショップでの猫の平均購入価格が7万円程度ですから、いかにマンチカンが高く、そして人気があるのかが分かる数字です。そして選ぶ際の注意点ですが、元気であること、そして目や耳、鼻や肛門が汚れていないことが挙げられます。ともあれ、最終的には値段よりも飼い主との相性が一番です。