マンチカンの特徴

猫好きの間でも、別格な猫として愛されているのがマンチカンです。マンチカンはコーギーやダックスフントと同じく、短い足が特徴でその独特の愛嬌が人気となっています。マンチカンは元々アメリカで誕生した種類で、短い足ではありますが、他の猫のように木登りもでき、足も速いのです。

ただ、その最大の特徴である短い足も、マンチカンと呼ばれる種類の中の約3割程度に見られるもので、残りの7割は足が長いのです。つまり種としては不安定とされ、国際的な猫種公認団体では猫種として公認するかしないかの認識が分かれています。

マンチカンの特徴として、その短い足の他に、豊富な毛色が挙げられます。マンチカンは突然変異から発生した猫種ということで、遺伝子疾患のリスクを減らすため、様々な猫種と交配してきました。そのため毛の色やパターン、長さが豊富なのです。

身体は筋肉質で、よく動き回ります。また、その性格は人懐っこく飼い主と遊ぶことが大好きです。そのため、猫を飼ったことがなく、不安と思っている人もマンチカンならすぐに慣れるはずです。また、先住猫との相性もよく社交的な猫と言えます。留守番もでき、あまり鳴かないため、独り暮らしの人にも最適な猫種でしょう。